http://com.nicovideo.jp/community/co1495560 の番外編
ここでは特にヒトカラ絡みやカラオケに関して書いています。
ほかの事はツイッター(@sarajevo_cm30)に書いています
なお、別で旅行ブログ立ち上げましたこちらからいけます 

100点安定して取るには?

まあ、100点って相当難しいと言うのは言わなくても分かりますが、
音程完璧と思っても駄目な場合もあるのです。

どういうことかというと、
音程完璧に覚えていれば100点取れるということは大量にいますよね?
となると、自分も毎月20~30曲以上は100点出していると言うことになってもおかしくない。つまり採点の崩壊と言うことになります

うちが思うに、100点取る条件って音程覚えてテクニックつければ良いだけではなく、声質の安定感もあると思うんです

たまに歌っていて音程バーは正しいけど間違っている場合があると思いますが、それは声質で半音の半音低いとか軽くぶれているとかで音程が間違っていると判断されていると思います。つまり、声の出し方次第で100点出無くもないんじゃないかなと。

 

それで、音程頑張ればいいという人はマイマイク使っている可能性あるのです。
マイマイク自体だけだとそう大きく点数に響かないと思いますが、それにイゴライザー付け加えると声がぶれている部分の波形をある程度平坦にさせたり、低い音や高い音をカットさせる役目もあって、普通に歌っても毎回同じくらいの点数出せると思います

ちょいお知らせと言うか

Twitterアカウント1つ増やしました。
というか、ブログ書くときメインアカウントだけだと、いろいろと探さなきゃいけなくて、ポプテピピックのツッコミを書きすぎるとどこがどこか分からなくなるので作ったのです

twitter.com

2017年12月の結果

最終79位 /127,345人 999.923点

1位 あゝ人生に涙あり 里見浩太朗/横内正 100.000点
2位 サウダージ《生演奏》 ポルノグラフィティ 100.000点
3位 1000のバイオリン THE BLUE HEARTS 100.000点
4位 愛は勝つ KAN 100.000点
5位 未来形アイドル 氷上恭子/宮村優子 100.000点
6位 HANABI-la大回転 SEX MACHINEGUNS 100.000点
7位 ああ人生に涙あり 仙台貨物 100.000点
8位 THE LEGEND OF HAKUREI-CHANG ゼッケン屋 100.000点
9位 メルトワールド 石鹸屋 100.000点
10位 こんにゃくパンチ SEX MACHINEGUNS 99.923点

まあ、ネタ完成w

いや、このまま1000点でも良かったけど、ネタ的にこっちのほうがおいしいと思ったw

と言うのもこれより上は全員1000点ですのでwww

 

けど、まあこれはタテマエですが、本音はこれ以上は無理だと感じたのです
と言うのも、こんにゃくパンチは最終のカンスト表示が98.500で1.5となると運ゲーに近い部分があって無理ですし毎回安定して99点以上取れない。それに翼をください林原めぐみ)も1位は取ったけど100点行く気配すら感じなかったのです。だから、今回はここが限界だったのかもしれません。

今月からは1回に対しての質を向上させるために行く回数を大きく減らし、歌う曲数を出来るだけ増やす方向で行こうと思います

ここ数日間いろいろと

全国採点の記録をまとめていました。
というのも、今までも90点以上の曲や歴代の最高点をつけていましたが、
手作業でまとめていて、特に去年の最初の方は1月分つけるのに2時間近くかかっていました。

んで、もっと簡単に出来る方法を探してたときこの記事を見つけたんです。
まあ、最初はマクロという点でどういう風な形になっているか分からず、マクロそのまま引用したが失敗ばかりやっていたのですが、秀丸エディタの使い方を覚えて理屈がようやく分かったのです。

それで昨日まで3日ほどかけて全国採点GPの7月以降のデータと通算1位曲のデータをまとめました。

まあ6月以前の半年分も載せてもよかったのですが、今の仕様と結構違っている部分もあるので後日載せようかと思います

 

docs.google.com

 

今年を振り返り

カラオケに関してはホント丸々ガチ参戦した感じでしたね。
というか、カチで参加するつもりは最初は無かった。

まあ、7月を目処に引退ではないけど大きく減らそうと思ったが、大きな仕様変更があったため今もまだガチ参戦

それで、結果的に完全フル参戦状態になって、楽しかったと言えば楽しかったが精神的には結構きつい部分はあったかな。

 

と言うか自分は自分、人は人で考えればいいとは思うが、ここまで来るとその域では無いんだよね。上位特有の状態。つまり、1位取ったら取り返されるということ。

本当にこの状態が実に多くそれを消化するためカラオケに月20~35くらい行くこともあって維持するためのことを考えたこともあったかな。

その分楽しいけど、日に日に不安とかそういうのが大きくなって、結果的にガチの方に行かざる終えない感じになったのかと思います

 

 

だから来年は順位を意識しないでもっと気軽に歌いたいというのが目標になるのかな。数字的には1000点取りたいとか100点量産したいと言うこともありますが、それよりもまずは原点に戻ることを優先し、その中で記録更新狙えるなら狙っていきたいかな。

うーん。何かおかしいよな・・・

サウダージ100点取りました(2ヶ月連続1位確定)

けど、正直な感想だけど2015年7月前半の光景*1見ている感覚だった。

というのも99点台0のはずなのに100点が7人。しかも98点台が4人と言う状態。
つまり、99点台確定=99.8以上ほぼ確定なのかなと思うんです。
これが統計で言うとありえない現象なのです。というのも普通はこんな感じ

1人 100点
3人 99点
5人 98点
15人 97点
40人 96点
15人 95点 
5人 94点
4人 93点
1人 92点

普通の分布図はこうなるのがセオリーで、機械で採点しているわけだからおおよそそういう感じになると思うんです
しかし、誰か1人飛びぬけるとかはありえるけど、98点よりも100点が多いのはおかしいのです。

けど、採点自体は否定するわけではないけど、正直職業病なのか、こういうことが目にいっちゃうのです

 

*1:100点が容易と言うよりも、90点代前半がなくて95点以上だと100点付近まで延びる光景

MAX、MAX2の今の採点法について

今月に入ってから一気に伸びた人もいれば逆に下がった人もいるみたいで、
それについて書いていこうと思います。

まず、自分は基本伸びていて、先月より2点以上上がった曲も多いです。

全力バタンキューは先々月過去最高でしたが、それよりも3点近く更新しました

この2曲は初の90点台で、実は90点台すら撮りづらい曲です。

とこんな風に他にも99点台が現在13曲だったり、未来形アイドルが100点だったりと大幅更新ラッシュといった感じです。

しかし、下がった人もいるという話も聞きます。それはどういうことでしょうか?

 

その理由は個人的な見解で2つあって
・基本的に低い音程の認識
・音程の階段状の音運びの判定
多分この2つではないかなと思います。
というのも、伸びた曲の共通点でどちらかが必ず当てはまるのです。
サナエさんは実は平均で3点以上伸びたのですが、あの曲はキーが低いけどキーが高すぎてキー変更しようにも難しい曲。それで特に出だしのところは低い所が結構あって、今までは多少低く評価されて、Bメロでも階段状な部分が多く発生しそこも伸びにくい部分だったり。それで、結構頑張っても93点でやっとだったんです。それがその部分の評価が高くなり、一気に96台まで行ったのです。

 逆に点数が伸びなくなったというのは、声が出ていても微妙な音ズレが厳しくなったのと、多少ミスしても減点がほぼなかったのが大きくなった。この2つが主だと考えています。
というのも、恩恵受けすぎではある。けど、伸びない曲も実はあって、林原めぐみさんの翼をくださいが100点出ない状態が続いているのです。というか99.5くらいで大体止まるのです。それを考えたとき、多少のミスが大きく左右されていると思います。ほかに現在6曲100点ありますが、やっぱり今月は苦しんでいる様子はあります。というのも、1発で100点行ったのはLEGEND OF HAKUREI-CHANGだけで、あとは3回以上歌ってようやくいった感じです。

 

【大きく更新した主な曲】
98.830→99.381 Silent Jealousy
98.213→99.230 Romanticが止まらない
98.386→99.118 ピロートーク
98.083→98.600 響縁
96.212→98.085 TRUTH
95.668→96.606 サナエさん*1
93.335→96.311 全力バタンキュー

*1:ただし、平均は93点前後